メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 体験学習・イベント > 講座・イベント > 「新修宗像市史」刊行記念講演会を開催

「新修宗像市史」刊行記念講演会を開催

更新日:2024年6月25日

日付
令和6年7月20日(土曜日)
時間
13時30分~16時45分
場所
海の道むなかた館 講義室
定員
70人
料金
無料
申し込み(7月18日締切)
電話受付:0940-62-2600

内容

新修宗像市史全巻刊行を記念し講演会を開催。
講師は最終巻『くらしと生業』で古代、近世、民俗を担当した3人の執筆者で、宗像に生きた先人たちのくらしや地域に根差した特色ある生業についてお話します。

講師・タイトル

松川博一(九州歴史資料館学芸調査室長)「万葉集と海人」
岸本充弘(下関市立大学経済学部教授)「近世宗像の捕鯨について」
吉留徹(夏目漱石内坪井旧居元館長)「記憶に残る宗像のくらし」

  • の画像

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。

このページに関する問い合わせ先

教育部 世界遺産課
場所:海の道むなかた館
電話番号:0940-62-2600
ファクス番号:0940-62-2601