メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 海の道むなかた館の開館について

海の道むなかた館の開館について

更新日:令和2年7月29日

海の道むなかた館は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の対策を実施しますので、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

1.部分開館

  1. 濃厚接触・接触感染を避けるため、沖ノ島VRは利用できません。
  2. 混雑時は入館や展示室等への入室を制限することがあります。
  3. 団体予約は上限15名で受付を再開します。(8月1日から対応)
  4. 3Dシアターを開放しますが、各回上限15名です。また、メガネ等の接触を避けるため放映は2Dで行います。(8月1日から対応)
  5. 体験学習は、まが玉づくり(定員20名)、火おこし体験(定員7名)、古銭鋳造体験(定員18名)(毎週土日開催)に限定して行います。(火おこし、古銭鋳造は8月から対応)
  6. 西谷館長講座等の講座・イベント・事業等については、受講者・申込者等に個別に開催の有無・中止・変更等の連絡をいたします。

2.入館にあたって

  1. 図書館・ショップ・トイレの利用者や埋蔵文化財照会事業者を含め、出入口を正面玄関1箇所に限定します。その他の箇所からは出入することができません。
  2. 図書館・ショップ・トイレの利用者や埋蔵文化財照会事業者を含め、入館時に、入口で次の確認をさせていただきます。
    (1)非接触体温計による検温・・・検温の結果、37.5度以上の場合は入館できません。
    (2)マスクの着用・・・マスクを着用してください。お持ちでない方は、ショップにて購入できます。
    (3)手指の消毒・・・消毒液により手指の消毒をしてください。
  3. 万が一、館内で新型コロナウイルス感染症の罹患者が発生した際の連絡のため、連絡先カード(代表者の名前と電話番号)を記入していただきます。なお、連絡先カードは、厳正に管理し、新型コロナウィルス感染拡大防止の目的のみ使用し、この範囲内で、保健所等の公的機関に提供することがあります。

3.感染防止策の実施

  1. 館内は定期的に消毒を行っているほか、一部の窓やドアを開放して空気の入れ替えを行います。また、3Dシアター内にはサーキュレイタ―を設置し、空気を循環させています。
  2. 館内では、周囲の方と2m程度の間隔をあけるよう心掛けてください。
  3. 大声や至近距離での会話はお控えください。
  4. 今後も状況等の変化に応じ、公益財団法人日本博物館協会が定める感染拡大予防ガイドラインを参考に見直し等を行いながら、感染防止策を講じますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

このページに関する問い合わせ先

市民協働環境部 世界遺産課
場所:海の道むなかた館
電話番号:0940-62-2600
ファクス番号:0940-62-2601

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。